FEATURE

MRIdian Linacシステムの構成

放射線照射システム
コンパクトなSバンド定在波型リニアックから6MV X線(Flatting Filter Free)を出力、上下2段組、合計138枚のダブルスタック ダブルフォーカスMLCを装備
分離型超電導マグネットMRIシステム
立体的、多面的に組織を画像化。
治療寝台
治療寝台コントロールパネル、レーザーポジショニングシステムで患者さんを容易にポジショニング。
コントロールコンソール
治療室の外に設置し、治療を開始、停止、モニタリング。
オペレータコンソール
MRI画像の取得、患者ポジショニング、照射線量予測、再最適化を行い、リアルタイムで腫瘍をトラッキング。
統合治療計画、治療管理ソフトウェア
治療計画を立て、治療照射プロセスを管理。
治療計画ステーション
組織の構造を明確にし最適な治療を計画。治療計画は遠隔操作で治療計画をレビュー。
データベースサーバー
システムの患者データ、操作データを保存管理。
先進照射技術
従来の手技に加え、IGRT(画像誘導放射線治療)、SRT(定位放射線治療)、SRS(定位手術的照射)など先進技術による放射線治療を実現。
治療前イメージング
高精度の3D軟部組織イメージングで治療前の位置決めを確認。
治療中照射線量予測と最適化
正確な照射線量予測によって、照射中も精度を確保し柔軟にプランの最適化を実行。
軟部組織のターゲティング
治療中MRIガイドによる軟部組織の連続的トラッキングと自動ビーム制御。
レビュー・評価
ソフトウェアツールによって、治療の進行を的確に把握し管理。
参考資料
MRIdianLinacカタログ [PDF]

ソフトウェア

フル機能を備えた治療計画・照射ソフトウェア MRIdian Linac システムに搭載された治療計画・照射ソフトウェアは、効率的に、正確に、安全に計画を立て治療を行います。また優れたQA 機能を備えています。直感的な操作が可能なグラフィックユーザーインターフェースは、自然な臨床ワークフローに従いラーニングカーブの短縮を可能にしました。高度な輪郭形成ツールと自動輪郭アルゴリズムは、リスク臓器を識別し、正確に素早く目標体積の輪郭を描出します。QA 機能には、厳密なレビューと検証手順が含まれ、計画された、あるいは実際の照射線量が指定の値を超えた場合は自動警告システムが機能し、治療の安全性、精度を確実なものにします。

MRIdian システム独自の機能として、医師の処方で治療プロセスのパラメータを決定できることが挙げられます。照射線量、ターゲットなどに加え、以下のプロセスが必要であるか、実行可能であるか、あるいは不可能であるかを判断することができます。

患者のイメージング(毎日)
治療寝台上での照射線量予測
自動ビームゲーティング

医師が、必要に応じて治療の全過程でデリバリープロセスを設計しプランを再評価できれば、プランはさらにダイナミックになり、個別の治療に対応することができます。

医療機器承認番号:23000BZI00007000   
販売名:MRIdian リニアック放射線治療システム

PDF

PDFダウンロード

商標・ロゴ・画像・文書及びマーク等、当ウェブサイトに掲載されている全ては、当社の許諾なく使用することはできません。
また、これらのものを当社の許諾なく複写・修正・改造・配布等を行うことはできません。